逆行性射精って?射精しても精液が出ない原因と対策方法

逆行性射精は射精障害の一種ですが、その中で最も厄介な症状の1つです。

射精障害の種類とその相違点については、「射精障害とは?」という記事にまとめられているが、早漏や漏出の遅延、今回詳細に説明した逆行性射精が主要な射精障害である。

ここでは、最初に逆行性射精の状態は何ですか?原因や対策として何をすべきですか?私はその要点を要約すると思います。

この記事の概要[行うべきこと]

逆行性射精とは何ですか?
逆行性射精の原因は何ですか?
逆行性射精および対処法の治療
概要

逆行性射精とは何ですか?

逆行性射精とは、セックスと射精感があるものの、精液が出ない状態のことです。

私も適切に勃起を得ることができ、私はそれを挿入することができます。また、オルガスムに達して射精したような気がするものの、実際に精液が出ているわけではありません。

それは、精液自体が単に膀胱の側に戻らず、単に外部の尿道口側に出ることを意味しない。

末期の漏出や早漏も痛い問題ですが、逆行性の射精が最も重大な問題となる傾向がありますので、早急に対処する必要があります。

逆行性射精が妊娠を困難にする場合

精子が子宮に到達しないという事実は、継続的な逆行性射精による最も厄介なことであり、妊娠することはできません。

まだ別の妊娠を望んでいないといいですが、結婚しようとしていると感じる時に逆行性の射精になると、カップルの悩みに発展する可能性が高いです。

精液が出ないのでパートナーが混乱している

あなたが自分自身でそれを感じていても、あなたが逆行性射精の状態にあることをパートナーにまだ話していないなら、精液はパートナーから実際に膣に入っていません “と言われることもあります”それは現れない…?”

私はセックスに満足していますが、終わりに精液を出すことができないので、私はいくらか不満を感じ、パートナーは混乱しており、私の原因です。時々あなたは間違った誤解をすることがあります。

マカマネージングディレクター
若いカップルと子供を作るときにこの射精障害になることは大きな問題です。

逆行性射精の原因は何ですか?

最初は逆行性射精の原因は何でしたか?その原因は非常に多様であり、識別が非常に困難であると言われています。

糖尿病や手術などの後遺症による末梢性神経障害による確かに多くの逆行性射精があり、これまでに開発されたインフルエンザや手術により射精時に膀胱頚部閉鎖が正常になる可能性があります主な理由が失われている

先天的である可能性が高いと言われているので、自分のライフスタイルの原因がないケースが多いです。

マカマネージングディレクター
過去の行為に何も原因がないと言われれば、ある意味では安全かもしれませんが、それを扱わなければ改善できない病気であるため改善できません。

逆行性射精および対処法の治療

逆行性射精の治療はいくつかの手段を選択できるようになったので、最初に泌尿器科に相談してここで提案されている治療法を選択するのが一般的です。

薬物投与による治療

神経射精不全の場合には、交感神経を直接刺激して精液を前方に放出しやすい状態にする薬剤で、膀胱頚部の収縮と排出を促進する治療方法がある。

エフェドリン塩酸塩、フェニルプロパノールアミン塩酸塩などの薬物は、交感神経α受容体を刺激し、精液を放出するのに役立ちます。さらに、塩酸イミプラミンは、神経終末でのノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、交感神経を再生する。

しかし、これだけでは逆行性射精の問題を完全に解決することはできません。

膀胱内の精子を排尿する

逆行性射精の問題を解消するには、膀胱内に蓄積した精子を排尿することが必要である。

あなたがこの方法を行う場合は、ペニスカメの頭にバイブレータなどを適用してバイブレータを刺激して射精を促します。

女性のバイブレーターを持っている人が多いと思いますので、振動刺激で陰茎に突き刺し、それを使って感じると射精して対処できます。

マカマネージングディレクター
医師に相談すれば、射精が起こるまで刺激するために専用の振動装置を使用することを推奨されるかもしれません。

あなたがバイブレーターを持っていれば自宅で行うことができますので、試してみる価値があります。電気刺激で射精するバイブレーションの振動でも射精ができないときに電気刺激で射精する方法もあります。前立腺や尿道などの生殖器官に存在する交感神経枝を刺激する。電気刺激を聞くとEMS器具のような刺激を感じるかもしれないが、電気射精などの特殊な機械を使用するので痛いという状態にはならない刺激装置。逆射精でも心理的な姿勢不全に対処する方法として射精障害が広く用いられている。この方法で放出される精子が良くないという問題は問題とされているが、最近は技術が進歩しており、妊娠も改善しています。精液を取り除き、人工的に妊娠させてください。もし逆行性射精にもかかわらず妊娠を望むなら、精液を取り除き人工的に授精する方法もあります。この場合、カテーテルと呼ばれるチューブを挿入して精子を収集する必要があります。問題は、尿が精液よりも酸性であり、浸透圧が高く、精子の生存が脅かされるということです。これに対処するために、精子に有害な物質を中和し、重炭酸ナトリウムを飲んだり、精液採取前に緩衝液を使用したりします。採取した精子を遠心分離機と呼ばれる機械で濃縮し、人工的に授精する流れになります。それは労力とコストがかかり、また恐ろしいか苦痛を感じるレベルにも問題があります。多くの男性は大胆です。女性が妊娠できる時期も限られているため、妊娠していない子供を妊娠させたい場合このような対応も取らなくてはなりません。今回は射精感はあるものの、精液が出ない「逆行性射精」の原因と対処法をまとめています。逆射精の状態が続いている何ヶ月もまだ本格的な治療を受けなければならないが、それでも数回の場合には、ちょうど精液が出なかった可能性がある。逆行性射精と思われるような状況を経験した人は、緊張、不安、身体的状態が悪いだけで、エネルギーが落ちていたために、精液の製造が時間通りに行われていた可能性もありますそのような場合には、エネルギービルディングエージェントを使用しながら短期間でリスクを伴わずに改善することが可能な場合があります。マカ・マネージングディレクターそれはあまりにも重大であると考えると、ストレスになり、別の射精の原因トラブルが発生した場合は、それぞれの対処法を順番に検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です